スクールママの親子留学体験記
名古屋で小さなインターナショナルプリスクールを営むスクールママ 親子で楽しむプチ留学など「お、こんな事がおもしろかった。便利だったよ」という体験をご紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子留学体験:こどもへの親としての対応
こうして体験を紹介していてい一番よくメッセージをいただくご質問は


「うちの子は○才なのですが 大丈夫かしら。ぐずったりさわいだり
したらどうしたらいいですか?飛行機は?乗り換えの時間は?
騒ぎ出したらどうしよう・・」


ということです。そして


「せっかくの旅行だし 気を遣っていてママが楽しめないよりは
自由の国米国だし 有る程度は解放しておいてもいいですよねえ。」


という御相談(またはご意見)です。


あくまで私の体験と実感を通してですが・・・・


かならずしも「自由の国だから日本より寛大」では
ありません。


私が現地で感じた一つ大きな日本との違い。それは・・・


「しつけという概念がどうも違う」という米国での
マナーのような周辺の反応です。

(1)しかり方 しつけの仕方
子供が「困ったちゃん」になったときに日本では 私も
「こらっなにやってるの!」とか「ぱっちん(軽くたたく)しないと
わからないのかな」とか普通に叱ったりしていますが
米国では大きな声で叱ったりましてたたくなんて厳禁ということです。
(特にレイトンではそういった対応はあまりおすすめできません。
みなさんスマートに子供に対応されています)

日本の感覚でいう「まだ小さいしいいよねえ」という空気では
ない気がします。

例えばスーパーで走り回るこどもとか 公共の場でぎゃーぎゃー
騒ぎ出してしまうこどもなど 親がすぐ言い聞かせて
無理ならさっとどこかへ連れて行きます。

Excuse us!!という言葉を親子連れさんからよく聞きました。
そしてこどもにも「○○するととっても素敵じゃないわよね
そう、そのほうがジェントルマンよ。thank you」といった
こどもを尊重しながら判らせるようないいきかせを
1歳児さんくらいの子にもしていました。

つまり「公の場において貴方も小さくても一社会人」という
対応をこどもにしている感じでした。

ちょっとしたカルチャーショックです・・・・。、


私は初回に行った時ものすごく困らせて座り込んだ息子に
日本の調子で叱って周りから「白い目」でみられました。

親が手を挙げるようなそぶりをするだけで(たたきませんよ
口調と だめ!というそぶり)周りの人から
「こんな小さな子に何をする」とダイレクトに注意されることもあり 
公の場(家以外)では強くなくてもたたいているように見えると通報されることもある・・・みたいです。
(みなさんしっていらっしゃたら老婆心でしたすみません)

今年行かせていただいたときも それを強く感じました。

自由の国米国だし 子供だからOKかなあ・・・というより
自己責任を問われる文化なのだととても実感しました。

親子留学ではその点も少し頭に入れておくといい気がします



(2)小さくても Be nice
乗り換えたサンフランシスコでもそうでしたし滞在した
レイトンでもそうですが、公の場で日本のこどもみたいに
走り回ったり きゃーきゃーしていて親が見守っている。といった
ことがあまりありません。

こどもが騒いでもOKなエリアはキッズエリア(サンフランシスコの
空港にはおもしろいスポットがありますよ)とかだけで
ほかのところではどんなに小さな子も[be nice」といった
言葉掛けやお菓子やおもちゃでおやごさんが上手く対応していて
すごいなあとおもいました。
(そのあたり レイトンで日曜日に教会にいくと お母さん達がいつもそのように対応しているというのをみて 生活習慣の違いなのかなあと思いました)

小さくてもジェントルマンやレディーとしてこどもに
言い聞かせる。といった考え方からもきているようです。

お恥ずかしい話、うちのやんちゃ坊主を制御するのにはほとほとつかれましたが周りからみたら日本人=日本の代表とみえることもあること。

是非 こどもたちにも英語だけでなく「ここでのマナー」として
事前にしっかりと言い聞かせるのもいいかもしれませんね。
わからないなりに空気がよめるかもしれません。

また必殺技として出すと効果大の、
日本の小さな袋スナック菓子は何かと役立ちましたので
おすすめです。(あまったらプレゼントしました)

飛行機内ではディズニーチャンネルなどを見て英語の
環境を普通に作ってから到着すると「英語の国にきたから
楽しいことも英語でなんだね」とわかるかんじです。

せっかくの親子体験なので「こういう食べ物、こういう
遊び こういうもの」とそこにあるものをこどもにも
提供するようにすると ほんとうに異文化体験が
実感できるかもしれないです。

(例えばスクールスナックににんじんがはいっていても
一回はトライさせたりしました。びっくりしていましたが・・)

郷にいれば郷に従えということわざのように
ちょっぴり不自由だったりこどもにはカルチャーショックかもしれませんが かけがえのない体験をさせてあげたいですね

親子留学は「家族旅行」というのとはちょっと違い
ママがリーダーの一つのチームとして海外の文化の中にいくような
感覚です。当然安全やチームとしての全責任はママにかかってきます。

ちょっとしんどいですが子供さんにも「ママをたすけてね。ここは
自分で自分の責任をもつ外国なのよ、日本ではないのよ」と
繰り返し言い聞かせることで 帰国してからも自己責任を文化をとうして
感じることができるおこさまのしつけにも役立つ。
そんな実り多い親子留学になることをお祈りします

スポンサーサイト
親子留学ユタ州 持って行くと便利なもの
レイトンママのコーディネートのもと レイトン市の自然と穏やかな
人たちに囲まれての暮らしを満喫している schoolmamaです

先に・・・・「でましたーーー」

先日ブログで「あまりいない」と書いた 蚊に刺されました・・・。

主に日が暮れる8時すぎくらいですが 夕涼みで玄関ポーチにたたずんで
いたらとっても刺されました。

(何故か昼間の時間は草のところで遊んでいてもほとんどみかけません
でしたが・・)

高地だからいないのかな?とおもったら大間違い?!やっぱりいるんですね。




さて、親子留学の一つのポイントは「子どものケアで持参したもの」かな
と思うこともあります。

私が持ってきて良かったなと思うものをまた並べてみますね


○虫除け

(笑)蚊にさされる夕暮れ時に外にいなければいらないかもしれませんが
夕焼けがきれいで思わず見とれる・・ということもありますので
エアゾールタイプでないようなもの(スーツケースにいれてもっていくと
いいとおもいます)を少量持っていると意外と便利でした。


○かゆみどめパッチ
アンパンマンの(!)をもっていきました。
アメリカ人の子ども達に大好評で刺されていなくても「刺された私も
はってーー」と頼まれるくらいおもしろがってくれました。
何故か・・・


○ちょっとしたネイルアートシール

こちらのおこさんたちはおしゃれさんです。
小学生さんでも ネイルを楽しんでいます。
私の本職の一つがネイルの仕事なのですが、簡単に貼れるようなアートシール
(ドラッグストアに売っているようなもの)などももっていきましたが
軽くて喜ばれるお土産でした。


できるだけはっきりしたいろで細かい柄のものが好評でした。

こちらにもありますが「パイナップルのかたち」とか「ハート」とか
単純なものが多いため 小学生の女の子からティーンまでホストファミリーの
ご家族にもとても喜ばれましたよ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


続いて・・・・子どもがよろこんだ持ってかえるお土産品


○カレンダー

意外でしたが帰ってから壁に貼っておくと「ここの景色みたねえ」と
とても感慨深いようでした。一年の途中で買う場合とっても安くて
嬉しいお土産でもあります。

○歯磨き粉や ガム

息子は 日本にはなかなかない 「すいか味」のものが
大ヒットだったらしく「今年も買おう今年も買おう」といって
張り切っていました。甘いのにさっぱりしていて私も好きです

日本へのお土産も喜ばれました。


○キッチンペーパー
可愛い柄の物が一杯あってすごくタフです。ロールで持ってかえるのは
かさばりますが、自宅づかいには思い切りつぶしてスーツケースに
押し込んで帰ります(^。^)



また思いつけた「これ便利」があったら是非お伝えしたいと思います。

いよいよ明日は帰国の日です。

レイトンは今日は大雨です!!今まで一度も経験したことのない
雨模様にびっくりし かなり寒いのでさらにびっくりしていますが
地元の人たちもびっくりしているようです。

その分緑がとてもきれいですよ





親子留学:ユタ州レイトン市 のどかです~
昨年の夏に訪ねて今回で2回目になる ユタ州レイトン市

レイトンママの現地コーディネートでほんとうに安心して楽しく
過ごさせていただいております。

毎日快晴ーーーーー。ほんとうに良いお天気で梅雨時の日本から
想像できないような青空が広がっています。

夜はこの時期でも9時半くらいまで明るいので一日が長い感じです。
あさは6時半くらいから活動して夕方までいろいろなことをしても
まだ外が明るい!!なんだか人生得したような嬉しい気持になります。

(日本にいるときは6時位まで働き詰めで 夕食をとったらもう
まっくらなので子どもと充分遊んでやることもなかなかできませんが
ここではパパが仕事からかえってきたら こどもたちのお楽しみタイム。

「だでぃーだでぃー」とあちこちで呼ぶ声がして思い切りこどもたちと
パパ達が遊んでいます。 すごくタフですね・・・。


さて 今日は「親子留学」で スーツケースにいれておくと
「よかった!」というものをいくつか・・・。


・ティッシュ 
ポケットティッシュなんてあまりみません・・。こどもが
あちこちにいったときにティッシュ!!といわれると役立ちました。

・必要なら おねしょパンツなど
こちらではパンツタイプのおむつはあってもごわごわしていたりするので
もし夜寝るときにおむつパンツを利用するなら数枚持ってくるといい気がします。

・フォローアップミルク
3才前のお子さんなどでミルクが大好き!という場合は持参するといいと
おもいます・こちらで買うと味が鉄分アップ!みたいなかんじで
かなりちがうようです。


・バンドエイド
言わずとしれた怪我したときに・・・・

・ひえぴた
子どもの急な発熱 ごっつんこしてたんこぶができたときなどにも役立ち
ます。

そして今回・・・私がうっかりして階段を踏み外し足をねんざしてしまった
のですが大いに役立ちました。お陰で痛みが取れました。


・頭痛薬

人にもよりますが私は昨年現地で買った物を指示どおりに服用したのですが
目がまわってしまいました!体重などがちがうからでしょうか。
時差があったりつかれたりして結構頭痛になったりするので偏頭痛持ちの
方は是非自分にあったものをもっていくといいとおもいます。


・スポーツタオル
ホストファミリーのおうちではビッグなタオルを貸してくださるのですが
日本人の頭にちょうど良いスポーツタオルはほとんどみません。
なのでお風呂上がりにくるっと巻きたいひとはもっていくといいですね


・お洗濯ネット
目のあらい大きいやつをいくつか持って行きましょう。
それにいれて家族の物と一緒にあらってもらうと見つけやすいし
痛みません。
目が粗くないと乾燥機にいれてもらったとき乾きにくいです


と今日気がついた所をいくつか書いてみました。





s-SANY0254.jpg


山と空が解け合ってほんとうに美しいです。こどもたちがすくすくと
健やかに育っていてみんな子だくさんで 子育てをエンジョイしている
家族が一杯です。とても勉強になります


s-SANY0250.jpg


学校の見学に行かせていただいたりしています。

プログラムという表現をされていましたが  一般公開をする
「発表会」のようなものがあってとても感動しました。

そして観客(親や近所の人)の態度にも感動しました
それはそれは ものすごく拍手や声援を送ってこどもたちを褒め称えているのでステージに立っているこどもは嬉しそうでした。
緊張・というより 見せたい見てもらいたいと答えていたお子さんが沢山
いらっしゃいました。


s-SANY0222.jpg


現地での普通の生活体験を沢山させてやりたいということもあり
床屋さんにいきました。クイックバーバー的なお店ですが
さっさとオーダーをきいたらいきなりバリカンで適当なところまでカットして
その後はさみで  首元についた毛は ドライヤーで吹き飛ばして7分で
終わってしまいました
そして「ジェルとかつけてかっこくしてみる?」と聞いてくれたので
息子は「yes yes」といってつけてもらっていました・・・。


s-SANY0220.jpg



それにしてもどこまでも青い空。本の家の前のお庭なのに
それだけで絵になる場所にいるとなんだか心まで広くなれそうです

息子は毎日裸足で走り回っています!

親子留学2日目:プリスクーラー達の1DAYトリップ
こんにちは。レイトンママのコーディネートで ユタ州レイトンに
滞在しているスクールママです。
現在は昨年滞在させていただいたホストファミリーのお家にステイして
います

家族のみなさんが覚えていてくださって(沢山留学生を受け入れているのに)
とても感激。こどもたちも一緒にすぐ遊び始めました。


レイトンは 今日も快晴です。そして・・・
例年になくとても寒いとのことで午前中は肌寒い感じでしたが
昼になったらとっても暖かく むしろ暑いくらい。

気候の違いを感じます。

今日はプリスクーラーの人気1DAYトリップスポットゲートウエイの
ミュージアムにいってきました。

ほんとうに様々なアクティビティーや文化の違いを楽しみながら
「遊んで」知ることができるとても良い施設です。
また親たちも側にいて見守ることがしやすいようにできているところが
感心します。

レイトンママのこどもたちも一緒にいってくださったので
使い方が判らない、説明が必要なところは日本語と英語で説明を
してくれてありがたい!

ゴッホの技法を説明してペイントに挑戦するワークショップにも
参加させてもらいました。

おもしろかったです。ダイナミック・・・・・。

持ってかえるのに大変な[very wetty」なアートができました!!


半日以上夢中になって息子も遊びました。

「遊びが学びの心を刺激する」「学びは遊びの中にある」そんなことばが
至る所に書かれていてなるほど。

そして「片付けもあそびのうち」というのも気が利いた書き方だと
おもいました。

つまり「おわったらかたづけようね」といった大人の視線でかかれた
お知らせではなく、「あなたがすることをなっとくしてする」ということ
をこういったポスターからも感じます。


小さいときから自覚して自分で良いこといけないことをしっていく
そして選ばせるというチャンスをあたえてあげたいものです。

またここのミュージアムのショップには魅力あふれる知育トイがいっぱいなので、是非帰りに立ち寄ることをお勧めします。

水の中で使えるトイやおもしろいパズルなどを沢山手に入れました。

スクールのこどもたちが今年の夏につかってくれるといいなあ。
到着しました!親子留学一日目
無事到着しました!!

親子共々元気です。さて 出発当日の流れをご紹介してみます。


私達は名古屋なのでセントレア(中部国際空港)からの出発になります

15時台のフライトのためあさはゆっくり支度して 空港には12時くらいには
ついておき ちょっとしたお土産をみつつ お昼を食べました。

カフェテリアコーナーで しばらく食べられないだろう 日本のラーメン
(食べられないとおもうと無性に食べたくなる)日本のカレーライス
(しゃれた感じでなくてご飯にかかっている普通のカレー)を
頂き、食べ過ぎないように注意していざ 手荷物検査へ。

既にご存じの方も多いと思いますが、液体関係の持ち込みについては
大変に厳しい規制に変更されて、いろいろと決まりがあるので
ちゃんと守ってスムーズに通過できるように気をつけます。

○うっかりこどものジュースの飲み残しなどカバンにはいっていると
全部だして・・・というご家族があり、大変そうでした

○私達も空の水筒をもっていた(機内で水をもらってもすぐこぼすので
水筒に移します)ため 出して中を開けて良いかときかれました。

米国につくときには 蓋もとって中にはいっていないのが判る状態で
カバンにいれたので呼び出されませんでした。

○PCは手荷物にしますが ショック防止袋などに一杯いれたりしていると
結局全部出すことになるのでアクセサリー類とは本体を別にして すぐ
本体だけトレイに載せられるようにしておきました(去年の教訓)

○ベルトや靴も取って検査を受ける事が多そうなのでシンプルなものが
よさそうです。

¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

搭乗口に向かう途中にこどもの遊び場があるので早めに入って
一杯遊ばせてから機内にはいると こどももパワーを使って
満足しているので おとなしく(^。^)座って離陸を待つことができました。昨年あまり早く乗ってしまうとトイレ!あそぶ!つまらない!とばない!
とだだをこねられ大変だったので。

::::::::::::::::::

機内では薄い絵本と音の出ないゲーム 塗り絵などを用意して
長旅を楽しみます。ディズニーチャンネルなども一緒におもしろがって
みていると結構時間がすぎます。

とにかく搭乗前に疲れ切るくらいに遊ばせて 機内食がでて食べ終わって
支度をしたらもうぐっすり眠れる状況にしておくと 消灯してから
「なんで夜?どうして寝るの?眠くないよ」とぐずられないのが
わかりました。(昨年は 「しーっ静かに」と言い続けました)


機内食は是非ネットなどでチャイルドミールを頼んでおくといいですね。
他の方より早く来るし 子どものために工夫されていておいしかったです
むしろ大人用よりも一緒にチャイルドミールをシェアしてもいいくらい
の量と味でした。(ユナイテッドさんを利用しました)
夕食はチキンライスとフワフワのハンバーグや 生クリームにチェリーののったプリンなど。朝食は大人と同じですが早く来るので助かります。

チーズと玉子とハムのホットサンドはとってもおいしくて息子は
「おかわりー」といっていました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サンフランシスコの空港は乗り換えの通路が大きく表示されているので
しっかりみれば間違えません。が カバンを預け直すところが
いくつかあるため 念のため行き先と利用便を確かめて渡すと
よいとおもいます。 特に控えなどももらえずその場でもっていかれてしまうので 何も聞かないと私は不安でした。

搭乗口もチケットを見せて行き先を話したら、ターミナルを教えてくれました。そんな小さな事も親子で英語実体験♪ インフォメーションなどでも
自分で聞いてみる。というのを一緒にすると 道順だけでなくいろいろな
方とお話しできてその都度「いくつ?どこからきたの?」といった会話も
生まれて子どもも自信ができるようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サンフランシスコでは飛行機の到着便が遅れて大変待つことになりましたが
搭乗口のちかくに「Kids spot」というのがありました!

科学の楽しさを盛り込んだ子どもが遊べる小さなコーナーがあって
いろいろな国のこどもと一緒に大騒ぎして遊ぶことができました。
おもしろかったしおすすめですよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また写真を後日アップしたいとおもいます。

ということで到着して第一日目、キーホストファミリーの
レイトンママのお家でインターネットをお借りしてアクセスしています

また随時報告しますね。



プロフィール

schoolmama

Author:schoolmama
名古屋市北区で「自然と世界と環境と仲良しになる」
英語自然保育をする小さなインターナショナルプリスクールをしております。5歳の息子と体験した「プチ親子留学体験」を何かのお役に立てば・・・と記録しております。
またプリスクールライフや英語育児についてのあれこれを
http://plaza.rakuten.co.jp/mypreschool/
楽天ブログにスクール立ち上げの日から書いておりますのでよかったらお立ち寄り下さいね



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。